怪我をしたら固定しましょう!!

「殺法・活法」って知ってますか?

江戸時代の話です。
「殺法」は今のスポーツの柔道
「活法」は今の柔道整復師

に受け継がれています.

怪我をした場合には、柔道に限らず、いったん畳からでて、応急処置をします。

そこで大切なのは、この後試合を継続できるか?治るためには救護活動をするかの判断です。
救護活動で大切なことは、

適切な処置=固定処置です

怪我をしたら、無理やり出させる、一昔前なら「気合で行け!!」とげきを飛ばされそうですが、
もう時代は令和、しっかり判断をし、固定処置をしましょう!!!
怪我こそお任せください
ご連絡お待ちしています。

問い合わせhttps://goto89.com/info/

LINE@登録

https://line.me/R/ti/p/%40rgx0926n

アクセス

https://goo.gl/maps/24yUcC8wcBqBwXZeA

関連記事

  1. 大会救護班として帯同しました。

  2. オリンピック選手の怪我や故障は特別⁉

  3. 椎間板ヘルニアの後藤がランニングに挑戦 「TOKYO2020…

  4. 分離症について

  5. 熱中症は運動で必ず予防できる!

  6. 下半身の冷えには三陰交(さんいんこう)