椎間板ヘルニアの後藤がランニングに挑戦 「TOKYO2020」① 「倍率」

2019年

9月20日

何の日だったか

覚えていますか?

そう、

「東京マラソンの抽選結果発表」の日

でした。

後藤は

4年連続

落選し続けて、

「今年もまた落選でした…」

この時期の「話のネタ」になる程・・・・

しかし
今年は

5年目にして

初の出場権を獲得しました!!

そこで

オリンピックを真似て

「TOKYO2020」

と題し、

自身初のフルマラソンに向けての

取り組みを

ブログに綴って行きたいと思います。

「身体に怪我・故障を抱えているけど

ランニングを始めてみたいなぁ」と

思っているあなたへ

少しは参考になる内容になれば

と思っています。

第1回目のテーマは「倍率」です。

東京マラソンの当選倍率は

毎年発表されていて

今年は

12倍だったそうです。

37500人の参加定員に

12倍と言う事は

37500×12

45万人の応募が

あったという事。

 

人気の高さが伺えます。

 

そんな大会が

後藤の
フルマラソンデビューになるとは

夢にも思いませんでした。

さて

倍率と似たような言葉に
確率があります

これは
〇パーセント
と表現して

 

「椎間板ヘルニアになる割合は〇パーセント」

のような使い方をします。

タイトルにあるように
私は 大学時代
器械体操をしていて

オリンピックを目指していました。

恥ずかしい話、
目指してはいたものの

何をどう練習すればいいのか
よくわかっていませんでした。

そんな矢先に
腰痛を発症。

診断は「椎間板ヘルニア」でした。

その椎間板ヘルニア
あなたに起こる活率は
何パーセントなんでしょうか?
10人に1人と言われることがありますが
・・・・・・

それはまだわかっていません。

現在は症状は落ち着いているものの
ランニング練習にどれくらい影響があるのか
またレポートしたいと思います。

椎間板ヘルニアと診断されて
うまくリハビリが進んでいない方は
今すぐ電話かメールください

後藤

関連記事

  1. 整体だけでなく、運動習慣が必要な理由

  2. オリンピック選手の怪我や故障は特別⁉

  3. 夏場に向けた体のつくり方

  4. 熱中症は運動で必ず予防できる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。