コルセットの正しい使い方と効果・影響

皆様こんにちは。
後藤はりきゅう整骨院 院長の後藤です。

腰痛・ぎっくり腰に使われるコルセット。

痛い時の習慣で、
痛みがなくなっても

つけることが当たり前に
なっていませんか?

毎朝起きたら
仕事行く前に洋服を着替えるように
使っていませんか?

本来の使い方と効果・影響をまとめると・・・

① 急性症状を無くすために
安静・固定する

② 亜急性期に入って
腹筋が使えるようになるまで、
「動きが怖い・不安な時」使う

③ ずっと使っていると腹筋が弱くなる

と体の変化に応じて
使い方を変えないと
悪影響とは言いすぎですが、
良い効果はありません

まして

通院中の整骨院で
はりきゅうやマッサージを受けて
ほぐした後に
いつまでも
コルセット固定をしていては
③のように
腹筋が弱くなり
本来の「治る」方向へは
向かわなくなります。

コルセットは治療ではなく予防

動きが怖い時に予防するのはいいですが、
コルセットをつける事が本当の「治る」にはならない
ということです。
いわゆる
ほぐすだけでなく

①「腹筋を強くする」
②「腹筋のうまい使い方」を目指し
運動療法すると、
コルセットも外せるようになりますよ。

徐々に寒くなる今月は、
痛み止め湿布+コルセット」の習慣を

温湿布(医療用カイロ)に変え、
温め+運動習慣に変えましょう!!

季節の変わり目で実際に

「ぎっくり腰」も多いです、
腹筋を意識して動き、
腰痛予防月間にしましょう。

関連記事

  1. 腰痛の原因って骨盤のゆがみなんでしょ?

  2. ぎっくり腰が起きた時にすべき事

  3. 整体だけでなく、運動習慣が必要な理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。