夏場に向けた体のつくり方

みなさんこんにちは。

今日は、
梅雨だからこそ、時折の晴れ間を有効利用するお話をしたいと思います。

洗濯の話じゃ無いですよ(^^

 

雨が多くなる梅雨時。

湿気も多く、実際に雨続きだと

汗もかきにくく、運動する気にはならない時期ですね、

 

でも

「本格的な夏」が来る前に

体力をつけておかなければ

熱中症や

気温上昇による熱疲労によって

体調を崩します。

いわゆる「夏バテ」と言うのでしょうか?

暑さ本場になった時に

体力があり、熱中症予防に汗をかきやすい汗腺に鍛えて

水分、塩分補給で夏を乗り越え

食欲の秋を迎えたいですね。

(汗腺については以下、過去の記事をご覧ください)

熱中症は運動で必ず予防できる!

汗腺を鍛えるのに

オススメの運動は

「ウォーキング」です。

通勤に電車を使っている方は

「駅までの歩行」が

良いウォーキングになってておススメですが、

実は

体はだんだん「動きに慣れて」きてしまいます。

そこで

ランダムに帰るルートを変更したり、
わざと階段坂道や歩道橋を通ってみたり、

身体に少し

いつもと違う負荷をかけることで

運動のマンネリ化を解消でき
すこし、じわっと汗ばむ運動習慣ができます、

雨でも運動習慣は作れます。

その後

ゆっくり休養、栄養補給して体力回復しましょう!

このように

同じことを繰り返すのではなく

だんだんと強度の高い運動へ変化させていくことを

運動の原理原則のうち

「漸進性(ぜんしんせい)の原則」と言います。

いわゆる

身体は慣れたことをしていても

体力アップにはならないという事です。

体力づくりといってもなかなか一歩を踏み出せないものですよね

通勤の徒歩、買い物の徒歩など

できることから少しづつ始めましょう!!

応援しています。

関連記事

  1. 整体だけでなく、運動習慣が必要な理由

  2. オリンピック選手の怪我や故障は特別⁉

  3. 熱中症は運動で必ず予防できる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。